« すいれいや~んへの道 序章 | トップページ | 私はなにをする人ぞ(前編) »

まずは死なない

スレイヤーのお誘いに、初めて参加しようと思う方に説明をと思い立った当ブログ。
スレイヤーに野良参加するに当たってのあれこれを書いていきたいと思います。

まずは、スレイヤーに参加するに当たって一番大事なのは死なないことかと。
もっとも、自分が死なないだけで何もしない人はPTでは論外ですが。

死なないように赤豆連打、鼻血出るほど豆を食べるんだと聞いた事もありますが、
赤豆連打するにも一撃されては不可能ですので、一撃に倒されないだけの能力は必要。

 

できるだけレベを高く

スレイヤーボスたちはレベルはあまり高くないようです。
225レベだと黄色敵もいます。
215レベより220レベ、それより225レベの方が楽なのが実感できる気がしますので、
スレイヤーだけするなら225レベにするのがよいと思います。
ただし、225レベにすると、まともに狩って泥が落ちるのがカタコンペのみになるので、
簡単に225レベが良いとは言い切れないとこです。
それでも装備の関係から、転生済みの210レベは最低必要でしょう。

 

210装備以上で

絶対210装備が必要なわけではありません。
ただし、210装備より下の場合は精錬10が必須かと思います。
210装備以上でも、ある程度の精錬は必要になります。

私も初めてスレイヤーに応募した時は精錬7にはしました。
さすがに5では無理だろうと・・・
でもね、それでも断られたよ・・・

この前スレイヤーに参加したマジは210装備の精錬7でした。
すでに滅武器がもてて、被ダメ25%減の効果もあり、
顔と背中がしっかりしたものだったということもあり、
あまり攻撃がきつくない回だったせいか、何とかなりました。

どれくらいの装備が必要かは職や他の防具等でも差は出てきます。

 

消費アイテム活用

スレイヤーは課金アイテムが必須となります。
参加する人はハーフは必須です。
攻撃する人はアルアも必須です。
慣れれば消費アイテムもこれくらいで何とかなるのでしょうが、
最初は他のアイテムも使ったほうが安全です。

HP拡張は、クレのプレシングでは20%アップですが、Mアイテムだと50%。
ただし、7dayでなく、使いきりのはちょっと使い方が面倒。
死亡時は効果がなくなるので、死ぬ分だけ用意が必要。
プレシングで拡張されると使えなくなるので、クレが入れる前に入れる必要があります。

防御強化は戦闘中に死んだ場合は使えます。
クレサポの方が基本的に高いですが、生き返ったあとにクレサポ貰うまで使えます。

 

一緒にスレイヤーをしたクレには、すぐに死ぬ私が言うな~と言われそうだ。
実際、自分でももっとDEFが欲しい・・・

死ぬと、クレにはDEFをいれてもらい、攻撃サポも入れてと迷惑をかけます。
クレの手を煩わせないようにと、初めていくときクレのフレに言われたな。
最低限、死んだ場合に自力復活できず、クレの手を煩わせるようではダメです。
小槌かリザドールのどちらかは必須です。

「スレイヤーは8名の力を合わせてやっとクリアできるものであり、
一人死んだらPTが崩れるからDEFが無いときつい」
これは、スレイヤーに参加し始めた頃に言われたことです。
ダメダメ二刀の私には耳が痛いことですが(/□≦、)

|

« すいれいや~んへの道 序章 | トップページ | 私はなにをする人ぞ(前編) »

すれいや~んへの道」カテゴリの記事

コメント

スレイヤー気になりますが、怖い人です。
DEFなどは具体的に数値で教えて欲しいです。
経験だけでもいいので。
⚪︎⚪︎だと死ぬとか。
「きつい」ってだけより、目安を示してもらった方が安心感Orもっと頑張ろうと目標ができると思います。

投稿: | 2014年4月14日 (月) 08時17分

コメントありがとうございます。

DEFを具体的に書いてないのは、
私自身、日によってなんともなので・・
私の例で言うと、死なない時は死なないのに、
死ぬ時は連続で死ぬことがあります。
また、職によってDEFは差が大きいので、
その職によるDEF設定になるのかなと思います。

私は堅守ばかりなのですが、3キャラでした感じでは、
精錬7はあったほうが良いかと思います。
巨神黒、ヴァンパイアは赤豆食べながらになりますが。

投稿: | 2014年4月14日 (月) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219445/59462620

この記事へのトラックバック一覧です: まずは死なない:

« すいれいや~んへの道 序章 | トップページ | 私はなにをする人ぞ(前編) »